• ダンボール箱と様々な形式が存在すること

    ダンボール箱とは表裏にライナーと呼ぶ板紙を使用し、真中に波形に成型した中芯となる板紙を貼り合わせた紙を箱にしたもので、A式やB式等様々な形式が存在します。

    待望のダンボール箱の有益な情報をお届けします。

    A式以外にもB式やC式、N式やヤッコ式等が存在しますが、一般的にダンボール箱と認識されているタイプであるA式は、別名みかん箱タイプといわれています。

    使用する際は底面と天面にテープを貼る必要がありますが、サイズを自由に変えることができ抜き型が必要ないため、安い値段で製造することができるといえるでしょう。



    差込みがあるタイプであるB式は、商品の出し入れが簡単という特徴があり内箱に使用されることが多く、型抜きを行うタイプと行わないタイプに分かれますが、畳むことができるためかさばることはありません。
    C式は身と蓋に分かれていますが、段ボールの断面が見ないため美観性に優れているという特徴があり、収納ケース等に使用されることが多いです。

    強度が強く底が抜けないため、安心して使用することができるダンボール箱といえるでしょう。

    N式は上部が差し込み式の蓋になっており、使用する際は組み立てを行わなくてはなりません。


    左右の折り返しがあるため強度が強いという特徴があり、密閉性に優れています。

    型は必要ですが糊を使用しないため、B式と比較すると安い値段で製造することができます。ヤッコ式は書類等の厚みの薄いものを梱包するのに適しており、かさばらないため作業がしやすいという特徴があります。