ニキビができやすくてテカりやすいのに、すぐ肌がカサカサになってしわもできやすいという方が意外と多いですね。こういうタイプのお肌をインナードライというのですが、肌表面はオイリーでテカテカしているのですが、そのすぐ下の部分は乾燥してカサカサという状態なのです。実は、これはひどい乾燥肌なのですね。お肌の水分が全然足りていないので、肌を保護しようとして皮脂が必要以上に分泌されてしまいます。

水分不足の肌は雑菌に対する抵抗力が弱く、その上雑菌のエサの皮脂が豊富なので当然のことながらニキビができやすく、肌荒れしやすいのです。ではどうして水分不足なのかというと、セラミドが不足しているからかもしれません。セラミドは肌表面に存在していて、水分を肌内部に閉じ込めるバリアの役割を果たす物質です。セラミドが不足していると、せっかく化粧水などで水分を補っても、どんどん蒸発してしまって乾燥が進んでいきます。

乾燥が進むと肌荒れもひどくなりますし、しわも増えて老化が進んでしまいます。ですから、インナードライの方は、セラミド配合の化粧水やクリームなどを選んだ方が良いかもしれません。そして、化粧水をたっぷり付けた後は、テカるからといって嫌がらずにちゃんと乳液やオイルなどで蓋をしましょう。テカるのは皮脂の過剰分泌が原因ですから、水分が十分であればテカることは少なくなります。

乳液やオイルはつけすぎなければ肌荒れすることもないので、米粒大を薄く全顔に伸ばすようにしましょう。ロダンフィールズのことならこちら