水分を保った綺麗でみずみずしい肌を保つには、スキンケアのひとつである化粧水が欠かせません。しかしこの化粧水は使い方を間違えてしまうと、効果が半減してしまう可能性があるのです。そうならないためにも、美肌を作れる正しい使い方を知っておきましょう。まずは付けるタイミングです。

洗顔をした後は、時間が経てば経つほど肌への浸透率が低くなっていってしまいます。また、洗顔後が最も乾燥する時なので、早めに保湿成分が入っている化粧水を付けなければ、どんどん乾燥が進行してしまいます。このことから正しいタイミングは、洗顔後すぐに付けることです。出来るだけ早く付けることが美肌のために効果的です。

特に冬場は乾燥しやすい時期であるため気をつけましょう。次に付ける化粧水の量についてです。よく手のひらにたっぷりつけて、バシャバシャと浴びるようなイメージで使う方が良いといっているのを耳にしますが、大量に使えば良いということではありません。量の目安としては、各製品に説明が記載してあるとおり、100円玉大や500円玉大、何プッシュくらいなどを守りましょう。

目安量を少量ずつ、2~3回に分けて使うと浸透が早くなり効果的です。化粧水の付ける際に、100回くらい手でパッティングすることは、毛細血管が傷つき赤ら顔の原因になる可能性があるため、やめましょう。特に敏感肌の方は注意が必要です。綺麗な肌を保つにも、正しい使い方を知り毎日続けられるように心がけましょう。