化粧水とは皮膚を保湿し整え滑らかにする機能を持つ透明液状の化粧品です。化粧水をつけることで肌の表面・角質層を整えキメ細やかな肌に導いてくれる働きをしてくれます。洗顔後の肌は汚れと一緒に保湿に必要な成分や油分も落とされてしまった不安定な状態なので化粧水で水分と保湿成分を補う必要があります。まず容器を何回か降って自分に適した量を手のひらに出します。

そして両手に伸ばしおでこ・こめかみ・頬といった感じで手のひら全体を使って肌に優しく押し当てしみこませるようなイメージで付けていきます。ニキビや肌荒れがひどい場合には慎重につけていく必要があります。もし肌がヒリヒリしたりニキビや乾燥肌が悪化してしまうことがあれば無理に付けないようにしましょう。またつけすぎると肌状態が悪化する可能性もありますので気を付けましょう。

化粧水をつける際の注意点がいくつかあります。洗顔後はできるだけすぐに付けた方が良いです。洗顔してから時間が経ってしまうと化粧水の浸透が悪くなってしまいます。また保湿効果を最大化するためにもしっかりと水分を拭き取ってからつけるのがベストです。

そして優しく肌をいたわるようにつけていき絶対にたたいたりこすったりしないようにしましょう。間違ったつけ方を行っているとせっかくの効果が最大限に発揮されず、逆に肌が乾燥したり等のトラブルを引き起こしてしまうことがあります。正しいつけ方できれいな肌状態を維持しましょう。