敏感肌や乾燥肌にはしっとりタイプの化粧水を使うこと、このポイントをおさえての基礎化粧品選びをしましょう。乾燥しやすい肌と、何かと問題を生じやすい敏感な肌は、共通点がとても多いです。しっとりタイプを選ぶというのは、共通する弱いという部分に優しく働いてくれるためです。コスメショップには複数の化粧水が販売されていて、しっとりタイプと、さっぱりタイプの商品があります。

真夏になったらスキンケアもさっぱりやりたいので、さっぱりタイプを選ぶ女性が上昇をします。それでも、肌に敏感さを感じる女性や、乾燥タイプの女性であれば、夏シーズンもしっとりタイプの選択が安心です。それは、さっぱりタイプの場合、配合成分にアルコールを含む商品が大半であるためです。アルコールが入ることで、肌にはさっぱりした心地よさになります。

でも弱い肌のタイプには、アルコールの刺激が強すぎてよくはありません。アルコールが入ることで、余計に水分を保持する力は低下しますので、敏感肌と乾燥肌は季節は関係なく、選択肢にはさっぱりタイプは眼中には入れないことです。素肌にやさしいアルコールフリーであること、そしてしっとりタイプであること、肌の弱い人ほどこの点を重要視して化粧水は選ぶことです。素肌を元気に回復させてくれるのは、洗顔をして最初に入れる、化粧水という水分の存在が大きいです。

自分の肌タイプを知ること、そこからスキンケア化粧品の選び方は変わります。