乾燥肌の人は、化粧水の使い方が間違っていることで乾燥を引き起こしている場合があります。化粧水は、洗顔後にすぐにつけることが大事です。洗顔後は、時間が経過するほど肌への浸透率が少なくなってしまいます。さらに、洗顔後は皮脂が落とされ乾燥した状態です。

そのため、乾燥肌の人ほど早めに保湿成分の含まれている化粧水をつける必要があります。つける量は、足りないよりは多いほうがいいですが、一度に大量につけたからと言って効果が高まるものではありません。量の目安は、100円玉大や500円玉大など製品の説明にある表記です。この目安量を2回から3回程度に分けて使うことでより浸透しやすくすることが可能です。

手でつけた方がコットンよりも刺激が少ないため乾燥肌の人には向いているともいえますが、手でつけた場合は、化粧水が手に浸透してしまい肌に均一につけられないこともあります。手でつける場合には、手のひら全体に適量を広げ、頬や額、鼻、あご、目の周りなどにまんべんなくつけていきます。目元や小鼻、鼻の下、眉間などの細かい部分は、追加の分で重点的に保湿していきます。手のひらや手の甲で肌に触れてみて吸い付くような感触になっていれば完成です。

コットンを使う場合には、十分に塗れるくらいにコットンにつけてから、顔の内側から外側へと向かってつけていきます。足りない場合には、同じコットンに足してから繰り返していきます。過度のパッティングは肌を刺激して傷つけてしまうため注意します。ロダン&フィールズのことならこちら