乾燥肌が気になる時期、化粧水で潤いを取り戻す、あるいは潤いをキープすることが必須対策となります。放置してしまえば肌のコンディションが悪くなってしまい、老化したような状態になります。これによって見た目が悪くなってしまい、美しさを失ってしまうでしょう。だから乾燥肌には化粧水が必要であり、習慣的に塗らなければなりません。

このとき、量が多ければ良いわけではない上に、ただ塗れば良いわけでもないので注意する必要があります。乾燥肌に化粧水を塗る場合、まず起床時と入浴後の2回にしておくと良いです。塗るタイミングを決めておけば習慣化することができ、常に良い状態をキープできます。起床時は一日通して乾燥することを防ぐことができ、入力後であれば肌が渇くことによる乾燥を防げます。

何より、睡眠前に塗ることになるので、寝ているうちに乾燥肌に潤いを与えることができます。次に塗り方ですが、量をたくさん使うのではなく、適量を肌に押し込むように塗りましょう。べちゃべちゃ塗るだけでは、肌の表面だけに効果が働き、奥まで浸透するわけではないので無駄になります。大切なことは、肌の奥まで浸透させ、奥から潤いを取り戻すことです。

だから、軽くマッサージをするように塗り込み、奥まで浸透しているのを感じましょう。イメージしながら塗り込むと効果的なので、適当に塗らないようにしましょう。これを徹底することで無駄なく化粧水を使うことができ、良い効果を得られます。ロダンANDフィールズのことならこちら