自宅で無線LANを利用してインターネットに接続する場合にルーターの設置場所をどうすべきかに悩むところですが、決めるにあたってはまず設置してはいけない場所を知ると良いです。

自宅内で無線LANルーターを置いてはいけない場所としてまず挙げられるのが、床の上です。電波はアンテナを中心とした同心円状に広がっていくため、床の上のような低い位置に置くと、障害物が多いためうまく電波が広がっていきません。同様のことは、天井の近くや部屋の隅にもいえます。自宅に無線LANルーターを置く場合は、床や天井、部屋の壁からある程度離すことができる場所の中から選ぶようにしましょう。窓の近くも、自宅内の無線LANルーターの設置場所としては不適当といえます。

これは電波が窓ガラスを通って屋外へ出てしまうことと、直射日光に晒すと機器の温度が上昇して故障しやすくなることが主な理由です。家電製品が置いてある場所の近くも、対象の製品が無線通信と同じ周波数帯を利用していると干渉が発生しやすくなるので避けるべきでしょう。

台所や浴室、洗面所などといった水場の近くも、ルーターを置いてはいけない場所としてしばしば挙げられます。これはルーターが水で濡れてしまうと故障の原因になることと、水中では電波がすぐに減衰してしまうことが理由です。インターネットの接続や通信速度が不安定になることが避けられるように、浴室や台所でスマートフォンやタブレットを使う場合であっても、ルーターは水場からは極力離しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *