無線LANとはケーブルを使用せずに機器をネットワーク接続できる規格の事で、パソコンやゲーム機などに用いられています。

自宅の中で光回線などを使用している場合は、無線LANを導入する事で複数のネットワーク機器を同時に接続できますので、利便性が高まる点がメリットです。無線LANはWi-Fiとも呼ばれており、これに対してケーブルを接続する従来型の方式が有線LANと呼びますが、パソコンだけの接続なら問題ありませんが、自宅の通信機器が増加している現代においては現実的ではないかも知れません。

無線LANのデメリットとして届く電波の範囲が数十メートル程度という部分がありますが、自宅内であれば充分な距離ですし、ルーターの置き場所などを工夫する事で電波も通りやすくなります。自宅内でWi-Fiの利用が増えた背景には、最近のデジタル家電の進化という面が外せないでしょう。テレビやゲーム機などは一般的にもなりつつありますが、エアコンの調節をしたり電子レンジの操作ができたりするのは、家電製品の進化が伺える部分でもあります。

これらの機器をケーブルで繋ぐとなると相当な配線となりますので、Wi-Fiはもはや必須とも言える存在となっています。しかし自宅内でWi-Fiに接続する機器が増えれば増えるほど、回線の混雑にも繋がって通信速度が遅くなるというケースもありますので、必要に応じてルーターの増設などを検討しても良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *