自宅に無線LANの導入を考えている場合、ルーターを購入しただけではネットを利用出来ないので注意が必要です。

環境を整えるには、光回線などの回線工事を行い家に親機を取り付けましょう。親機は有線なので、ケーブルを使ってパソコンやテレビに接続を行う事で利用出来ますが、ケーブルが不要で利用出来るのが無線LANです。よく耳にした事があるWifiと同じで、電波を家中に飛ばしてネット環境作りをする事が出来ます。自宅の親機に接続をする無線LANのルーターは、光回線の契約を行った会社からレンタルもしくは購入をする事が可能です。

必ず契約会社でレンタルや購入をする必要はなく、家電量販店や通販で購入して入手する方法もあります。自宅に設置する無線LANで気を付けたい事は、対応規格や最大登録台数、電波の届く距離です。購入時にパッケージに記載がありますが、対応規格の物でなければパソコンやスマホに接続にする事が出来なくなるので注意しましょう。また、スマホを含めた家電に同時接続が可能な台数はルーターによって違います。

価格が安いルーターの場合は台数も少なめの事もあるので、家族構成や使う可能性のある家電の台数もよく考えて購入しましょう。無線LANの電波は家中に飛ぶ事が可能ですが、どうしても障害になる事があり、一階に設置しても二階に上手く電波が飛んで来ない事もあります。そんな場合は電波の強く出るルーターを選ぶ方が良く、もしくは中継器となる物を新たに買い足す事がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *