無線LANを自宅で使うときには使い方を間違えることで、速度が出せないことがありますので、性能を引き出すためにもベストな使い方をするようにしましょう。

まず無線LANを自宅に置くときには場所に気をつけることが大切です。特に電子レンジなどの強力な電磁波を発する機器が近くにある場合には、それらが干渉してスピードが低下したり断線することがあります。なるべく電子レンジからは離して設置するようにして、インターネットを使っている間は電子レンジを使わないようにしましょう。

床からある程度離しておき、壁からも離れた場所に設置することで、回線速度も安定しますから、専用の台に設置するのも便利です。無線LANを自宅で使っていて、近くに電子機器がないのに速度が低下したり、ネットが使えなくなったときには、プロバイダの通信障害の可能性も有りますから、公式サイトなどでチェックすることも大切です。機器は無線接続専用の物を選ぶのも良いですが、イーサネットでも使いたいという方の場合には、なるべく有線と無線の療法で使えるものを選ぶようにしましょう。

無線LANは自宅で使う場合でも基本的に説明書通りの使い方をしていれば機能も問題なく使えますので、利用する前には添付されている説明書をよく読んでから使うことも大切です。無線LANを自宅に設置する際には、回線工事が済んでいる場合には特別な工事なども必要ありませんので、機器を設置するだけで利用開始できます。
自宅の無線LANのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *