医療レーザー脱毛は健康への心配はないのか

医療レーザー脱毛はレーザーを体毛に照射する事で脱毛しているのですが、そのような効果があるレーザーを人体に照射する事によって他にも人体に影響を与えているのではないか心配する人もいます。

しかし、医療レーザー脱毛は人体への影響についても考慮された上で開発された医療行為であり、通常であれば健康被害は心配しないで良いです。まず、医療レーザー脱毛で用いている光は可視から赤外と呼ばれる領域の波長を用いていて、皮膚ガンなど皮膚に悪い影響を与える紫外領域の光とは異なる光を用いています。また、レーザーの光はそれほど透過力がある訳では無く、身体の奥にまで光が届くという事も無いのです。

ただ、一部の人のケースでは医療レーザー脱毛は適さない事もあります。例えば、光アレルギーの人の場合は医療レーザー脱毛で用いているレーザーの光に反応してしまう事もあります。また、肌が色黒であったり日焼けしている人だと肌がレーザーに反応してしまう事もあるので、程度にもよりますが出来ない可能性があります。

ここで挙げたような事に該当する人が無理に行おうとすると大変な事になる事も考えられますが、そういう事にはならないようにカウンセリングを行ったり肌の確認をするなどし、施術を行った場合は問題がある可能性が高い場合についてはそういう事にならないように対応するので心配する事は無いです。そのために、カウンセリングの時には質問内容については正直に申告するようにして、光アレルギーがあるのに内緒にするといった事は無いようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *