さまざまなレーザー治療器について

レーザー治療器は、皮膚科をはじめとするさまざまな医療機関で導入されています。

ルビーレーザーやアルゴンレーザー、ダイ(色素)レーザーなどが応用されて、医療機関に導入されていて、多くのクリニックでレーザー治療を受けることができます。ルビーレーザーは、ルビーを発振物質にしている固体レーザーです。皮膚内部にあるメラニン色素を効果的に破壊することができる装置であり、傷跡を残すことなくメラニン色素だけを除去することが可能です。黒アザや、老人性のシミ、ソバカスの治療などに用いられていて、炎症を起こすことなく治療できます。

アルゴンレーザーは、アルゴンイオンのガスを利用する気体レーザー(イオンレーザー)です。青や緑に発酵する可視光のレーザーであり、水に吸収されにくい特徴を持ちます。赤い色に吸収されやすい特徴があり、赤アザなどの血管腫の治療で利用されています。レーザーメスとして多く利用されていて、多くの外科で導入されています。眼科の治療でも利用されていて、角膜移植や緑内障の治療などをすることができます。ダイレーザー治療器は、血液中のヘモグロビンに吸収されるレーザーを利用した治療器です。

ヘモグロビンをはじめとする赤い色素に吸収されるレーザーであるため、周辺組織へのダメージを最小限にして治療をすることができます。赤アザや赤ら顔などの毛細血管拡張症などの血管系の異常を取り除くことができ、多くの皮膚科で導入されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *