レーザー治療器に関して

レーザー治療器は、数多くのものが開発されていて、医療機関に取り入れられています。

ヘリウムネオンレーザーやエルビウムヤグレーザー、アレキサンドライトレーザーなどがあり、皮膚科や美容外科などで導入されています。ヘリウムネオンレーザー治療器は、ヘリウムとネオンの低圧混合ガスを利用した気体レーザーの治療器です。ガスの主成分は、ヘリウムであり、15%以下がネオンになっています。

赤い色のレーザーであり、出力が低く、低反応のレーザーです。粘膜疾患の治療をする際に使われていて、アレルギー性鼻炎の治療のときに、高い効果を発揮します。エルビウムヤグレーザーは、波長が2940nmのレーザーであり、水分の吸収率が高い特徴があります。そのため、皮膚に照射する場合、レーザーのほとんどが、表皮細胞内の水分に吸収されるため、周辺組織への損傷を軽減することができます。ほとんど麻酔をすることなく治療をすることが可能であり、歯科治療にも利用されています。

ニキビ跡の凸凹をけすことや、しわやシミなどの除去をすることもでき、さまざまな分野で利用されているレーザー治療器です。アレキサンドライトレーザーは、波長755nmのレーザーを利用しています。「アレキサンドライト」という人造宝石を発振物質にしているレーザーであり、世界中の医療機関で導入されています。脱毛に高い効果があり、皮膚を傷つけることなく脱毛することが可能です。安全性も高く、安心できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *