美容皮膚科のピーリング

顔の透明感がなくなってきて、くすんだ印象になってきたときには、美容皮膚科のクリニックでケミカルピーリングを受けると、くすみを取り除くことができます。

ほかにも、お肌のターンオーバーがうまくいっておらずに、古い角質がたまってしまっていて皮膚が厚くなってしまっているようなときにも、ケミカルピーリングをすることで古い角質を除去していくことができます。この効果によって、ニキビやニキビ跡のお悩みも改善できるので、言ってみればこれまでのトラブルのあったお肌をリセットして、あたらしい皮膚を再生して、美肌にしていけます。

美容皮膚科のクリニックで受けられるケミカルピーリングでは、フルーツ酸やトリクロール酢酸などの溶液をお肌に塗っていきます。そうすると、これらの溶液の化学作用によって古い皮膚をはがすことができ、あとからあたらしい皮膚が再生されることをサポートしていけるのです。ですから、美容皮膚科のクリニックでケミカルピーリングを受けたあとは、今までよりも若返ったお肌になることができます。

どんな溶液を使っていくのかや、どれくらいの濃度にするのか、そして皮膚のどれくらいの深さまで作用させるのかなどは、美容皮膚科の医師がお肌の状態を診断したうえで決めてもらえるのが安心です。ピーリングのスキンケア化粧品も売られていますが、自己判断で使ってしまって、かえって皮膚トラブルを起こすこともあるので、美容皮膚科の施術を受けるのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *