池袋で全身脱毛をしたら、肌に赤みが出た

全身脱毛をおこなっている最中に特定の部位に赤みが出ることがあります。

医療レーザー脱毛は、肌に軽い火傷を負わせるようなものなので、敏感な人などは炎症を起こしやすいと言えます。しかし、その赤みも基本的にはごく軽いものですので、適切な処置をすれば、大きなトラブルにはなりません。全身脱毛中の赤くなった肌は熱を持っています。

池袋の医療脱毛クリニックに行くと最初にカウンセリングと注意事項の説明があると思いますが、施術した当日は入浴を避けるように言われるでしょう。どうしても湯を使いたい人は、シャワーでぬるま湯をかけるくらいで止めておいた方がよいです。赤くなった肌には氷水で冷やしたタオルや保冷剤などを当てて、少しの間冷やしておきます。

化膿やひどい腫れなどがなければ、この対処法で十分ですので深刻になる必要はありません。また肌が炎症を起こしている最中は、肌の水分が蒸発しやすくなっており、乾燥が見られますので、浸透性の高い保湿ローションやクリームなどで、十分水分を補ってあげましょう。

池袋などにある医療脱毛クリニックでは、肌トラブルが発生した場合の、炎症止めの軟膏などを渡してくれるところがほとんどです。もし数日経っても赤みが引かないようなら、炎症止めの軟膏を塗って様子を見ましょう。患部を冷やしているにも関わらず、水ぶくれが出来たり、化膿が見られるようであれば、すぐに全身脱毛をした池袋の医療脱毛クリニックに相談することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *